活動状況


平成30年度

TOPICS

  • 2019.3.14OFC2019展示会の様子を掲載しました。 [詳細]

  • 2019.2.20平成30年度 光産業技術シンポジウムの様子を掲載しました。 [詳細]

  • 2018.12.3-4PETRA主催の国際会議、ISPEC2018の様子を掲載しました。 [詳細]

  • 2018.10.17-19InterOpto2018での展示の様子を掲載しました。 [詳細]

  • OFC2019(3/5~3/7)
  • 今年のOFCは、サンディエゴ(USA)で、学会は3月3日から5日間、展示会は3月5日から3日間開催されました。
    展示会では、国際標準化活動として、COBO(Consortium for On Board Optics)ブースにて、プロジェクト成果である光I/Oコアを4個搭載した、400Gbps標準パッケージでの300m伝送動態デモと、細径光ファイバ、ポリマー光回路、およびモジュール搭載FPGAボードを静態展示し、今後の方向性をアピールしました。 COBO ブースは、400Gbps標準パッケージに統一された、関連技術の展示となっており、500名を超える来場者を得て、終始活況な展示会となりました。


    COBOブースの風景 PETRAの展示
    展示会場で催された出展者セミナー
    小倉主幹研究員(国際標準化室)が登壇

  • 平成30年度 光産業技術シンポジウム
  • 今回は、「Beyond 5G社会を支えるフォトニクス技術」をテーマに会場一杯の参加者を得て盛大に開催されました。
    PETRAからは、今年度9月から開始したプロジェクトの概要と、第三期に突入した「光エレ実装PJ」の取り組みについて講演しました。 


    「ディスアグリゲーション型次世代データセンタに適用する
    光電ハイブリッドスイッチを用いた高速低電力データ伝送システムの研究開発」
    技術研究組合光電子融合基盤技術研究所
    研究開発責任者 才田 隆志 氏
    「超低消費電力型光エレクトロニクス実装システム技術開発
    ~ポリマー光導波路を用いた光電子集積インターポーザ~」
    技術研究組合光電子融合基盤技術研究所
    光実装技術
    テーマリーダー 土田 純一 氏
    会場風景


  • ISPEC2018(12/3-12/4)
  • ISPEC2018が12月3日、4日の2日間、東京大学駒場リサーチキャンパス、エネオスホールで開催されました。
    2日間で国内外から約250名の出席があり盛況でした。

    荒川PJリーダのKeynote講演
    講演会場 パネルディスカッション

    海外講師の先生方:L. Kimerling教授 Kerry J. Vahala教授
    Chi Xiong博士 Justin Norman博士 Aaron Zilkie博士
    P. De Dobbelaere博士 S. J. Ben Yoo教授

  • InterOpto2018(10/17-10/19)
  • 今年のInterOpto2018では、「光エレ実装」PJの6年間の研究開発成果を静態展示するとともに、今年度から開始が決まった新しいテーマのプロジェクト内容を紹介しました。
     今年は、PETRAから新設分割されたアイオーコア(株)社の出展に合わせ、ブース間の壁を取り払い、コラボレーション展示を行うことで、実用化プロジェクトの成果をアピールしました。


    展示風景(右奥がアイオーコア社ブース) 新規プロジェクトのパネル